脱サラ目指すサラリーマンのブログ

東京の20代のサラリーマンが「自由に生きる」ためにはじめたブログ。投資・旅行・節約・生活の豆知識など、書きたいことを自由に書いています。

携帯電話

auやめた。MNP解約してmineoにした理由。「彼らは配った。ドーナツを。」

投稿日:

xiauやめた。auをMNP解約してmineo
にした理由。「彼らは配った。ドーナツを。」

料金が高いのがもっとも不満だった。

現在、僕がauに支払っている料金は、おおよそ毎月8000円くらい。
この中には機種代も含まれているが、安くはない金額だと思う。

例えば、賃貸であれば、もう少し広い部屋、駅に近い部屋を借りることができると思う。
他にも貯金をするのも有りだし、

複雑すぎるauの料金プラン達。

現在 au には以下のメインの料金プランがある。

  • auピタットプラン
  • auフラットプラン

さらにこの料金プランは、通話料金ごとに以下の6つに細分化される。

  • auピタットプラン(スーパーカケホ)
  • auピタットプラン(カケホ)
  • auピタットプラン(シンプル)
  • auフラットプラン(スーパーカケホ)
  • auフラットプラン(カケホ)
  • auフラットプラン(シンプル)

上記はメインの料金プランであってこれだけではないらしい。
その他の料金プラン・割引料金サービスとして以下がある。

  • 「スーパーカケホ+データ定額」
  • 「カケホ+データ定額」
  • 「LTEプラン + LTEフラット」
  • 「スーパーカケホ(a)+データ定額」
  • 「2年契約(誰でも割)+家族割」
  • 「LTE フラット」
  • 「LTE NET」

これらが料金プランなのか、割引サービスなのかは僕にはわからない。
そしてどのように組み合わせることができるのかは詳しくは知らない。

そして、さらに「その他の料金・割引メニュー」や「キャンペーン」と称して2018年3月19日現在、以下が用意されている。

  • データオプション
  • 毎月割
  • au スマートバリュー
  • アップグレードプログラムEX
  • iPhone交換プログラム
  • auデビュープログラム
  • ピタット学割/フラット学割
  • iPhoneスマホデビュープログラム
  • 初スマホ割
  • ビッグニュースキャンペーン

その他にも機種ごとや、時期によって様々なキャンペーンなどが展開されている。

こんな複雑なプラン達は僕には理解できなかった。

更新月とかいう謎の縛りに翻弄される。

前述の通り、auには様々な料金プラン、割引サービス、キャンペーンなどがある。
もっとも厄介なのは、「誰でも割」と「毎月割」だと思う。

「誰でも割」は2年契約が前提で料金プランを割引するサービスだ。
2年契約が前提なので2年経過前に解約をすると、9500円の違約金を取られてしまう。おそらくauを契約しているユーザのほとんどが入っていると思われる割引サービスである。
auによると、「加入日から翌月までを1カ月目とし、25カ月目・26カ月目の2カ月間が契約更新期間です。」となっておりこの2ヶ月の更新期間を逃すと自動更新されるらしい。つまりさらに2年間は解約すると違約金がとられてしまう。

そして、厄介なのが「毎月割」というもので機種代金が毎月割引かれるサービスだ。
詳細はよくわかならいが、毎月機種代から割り引かれているらしい。途中で解約すると当然、割引は終了し、未払いの機種代金だけが残る仕組みだ。
この「毎月割」が終わるタイミングと「誰でも割」の更新月のタイミングはずれていることが多く、解約するタイミングを難しくしている。

無論、機種代をすべて払い終え(毎月割の恩恵をすべて受ける)たあと、誰でも割の更新月を待てばよいが、その間、機種変更はできず、高いauの料金を払い続けなければいけない。
この無限ループに陥っており、解約をしていない人は多いとも思う。

auは何も悪くない。契約時にすべて説明を受けているはずだ。悪いのはすべて僕だ。

それでも彼らは配った。ドーナツを。

2018年2月。auは、「三太郎の日」とよばれる「3日、13日、23日」にミスタードーナツで使える216円分の電子ギフト券のプレゼントを行なった。
合計3回で 648円分。およそ6個のドーナツが手に入るらしい。

ドーナツは嫌いじゃない。行ってみた。

とんでもない行列だった。。無駄な時間を浪費した。

僕は解約を決意した。

ドーナツを配るくらいなら、月々の料金を下げてほしかった。
648円分とは言わない。半額の324円でも良い。3分の1の216円でも良い。そのお金で空いている時ににドーナツを買うから。

mineoの料金はシンプルでわかりやすかった。

mineo
の料金プランはとてもシンプルでわかりやすかった。
データ容量ごとに値段があるだけなので、僕みたいなバカにでも理解できた。

[f:id:vanhoutener:20180319142820p:plain]
(mineo
より抜粋)

mineoは料金が安かった。

3GBのデータ+音声で 毎月1,510円 のプランに変更した。
今までauを使っていても毎月3GBぐらいだったのでこれで十分だと判断した。

mineoには二年縛りはなかった。

mineo
には契約期間を縛って割引するような縛りもなかった。
唯一、複数回線割・家族割というものがあり、複数回線を契約していると50円割り引かれる仕組みだけだった。

auのスマホ(iPhone)がそのまま使えた。

mineo
にはauとDocomoのSIMを使ったサービスがあり、auのSIMを選択すると、仮にSIMロックが解除されていなくてもauの端末をそのまま利用することができるようになっている。
これはauユーザには非常にありがたいと思う。

mineoはドーナツを配らなかった。

mineo
はドーナッツを配らなかった。
僕はそれでも良かった。
浮いたお金でドーナツを買うことができるから。

mineoを使ってみてよかった点。悪かった点。

良かった点は、mineo
のフリータンクという仕組み。
mineo
にはフリータンクという仕組みがあり、余った通信容量をmineo
ユーザ全体でシェアできる仕組みがある。
月末に通信容量が足りなくなると最大1GBの通信量量を貰うことができる。
逆に、余った場合はフリータンクに寄付することもできるようだ。そうやってユーザ同士が支え合っている。

悪かった点は、平日の昼頃の通信速度が少し遅くなる点。
mineo
は平日の昼頃の通信速度はちょっと遅くなる傾向がある。ただそれ以外の時間帯は、おおむね問題なく使えている。

僕がauからmineoへMNPした際のメモ

  1. auに電話し、MNP予約番号を取得する
  2. mineo
    ホームページより申し込む
  3. 3~4日後にSIMが届く
  4. SIMを差し替えて、開通の電話をする

以上がauからmineo
へのMNPの流れ。
実際に回線が切り替わるのは、開通の電話をしたときのため、もっている携帯電話が使えなくなる時間はほとんどない。

以上が僕がauやめた理由だ。みなも検討をば。

-携帯電話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

phone-mineo

auユーザが良きタイミングでmineoの格安SIMにすべき3個の理由

スマホが普及した昨今、格安SIMを提供する携帯通信会社が乱立しています。 格安SIMにしたいけど、どの携帯通信会社にすればよくわからないという方も多くいらっしゃると思いいます。 今回は、auユーザであ …