脱サラ目指すサラリーマンのブログ

東京の20代のサラリーマンが「自由に生きる」ためにはじめたブログ。投資・旅行・節約・生活の豆知識など、書きたいことを自由に書いています。

漫画

TSUTAYAのコミックレンタルと漫画喫茶はどっちがお得なのか考えてみた。

投稿日:2017年2月13日 更新日:

comic-rental

以前、漫画喫茶はもう古い!?首都圏の漫画が読める快適スーパー銭湯のススメ。 という記事を書きました。

今回は昨今TSUTAYAなどで行われているコミックレンタルと漫画喫茶を比較 してみました。

TSUTAYAのコミックレンタルと漫画喫茶はどっちがお得なのか考えてみた。

TSUTAYAも漫画喫茶も店舗によって料金が異なりますが、今回は私がよく行く店舗で比較してみます。

  • TSUTAYA 大森町駅前店 コミック10冊800円
  • DiCE 大森店 3時間パック1180円(土日)

私のいままでの漫画の完読時間はだいたい平均すると一冊15分ぐらいなので、

DiCE 大森店 3時間パックだと12冊読める計算になります。

12冊をTSUTAYA 大森町駅前店でコミックレンタルした場合は、960円になります。

結論を言うと、あまり変わらない結果となりました。。

読むのに時間がかかる漫画はコミックレンタルしたほうが得で、短時間で読めるものは漫画喫茶で読んだほうが良いという感じです。

コミックレンタルの良いところ(メリット)

家族や友達でシェアすることができる

読み終わってしまえば、返却日に間に合えさえすれば誰でも何度でも読むことができます。

借りている間は何回でも読める

私は一度よんだらもう読まないですが返すまでだったら何回でも読むことができます。

漫画喫茶だとそうはいかないです。

自宅で読める

当然ですが、借りたマンガは自宅で読むことができます。

マンガ喫茶もくつろげてドリンクバーがあったりしますが、自宅の安心感は別格です。

コミックレンタルの悪いところ(デメリット)

最新刊がよく借りられている

人気漫画の最新刊がよく貸し出されていて、借りられないことが多いです。

全体的に種類が少ない

さすがに蔵書数で漫画喫茶にはかなわないと思います。

メジャーなマンガ以外は置いていない店舗も多いと思います。

新規開拓がしづらい

TSUTAYAのコミックレンタルは立ち読み禁止になっていたので(少なくとも大森町駅前店では)、なんとなく面白そうだから借りたいという時にガッツリ試し読みができません。

私は新規開拓で1-3巻ぐらい借りることが多いですが、一巻目でつまらないと思って読まなくなると、その分無駄になってしまします。

まとめ

コミックレンタルも漫画喫茶もそれぞれメリット、デメリットがあるので、近くに両方がある人は使い分けて見ましょう!

私は、最近流行りのLINEマンガなどの、漫画アプリの1巻無料を読んでオモシロイと思ったらコミックレンタルか、マンガ喫茶を利用しています。

-漫画
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした