脱サラ目指すサラリーマンのブログ

東京の20代のサラリーマンが「自由に生きる」ためにはじめたブログ。投資・旅行・節約・生活の豆知識など、書きたいことを自由に書いています。

英語

僕が昔フィリピンのセブ島に英語留学した体験談とその後の話。

投稿日:2017年3月26日 更新日:

フィリピン英語学校

私が、4年ほど前にフィリピンのセブ島に3週間にわたって英語留学をした話をしてみようとおもいます。

現在とは少し状況が異なるかもしれませんがこれから英語留学しようと思っているひとに少しでも約にたてばいいかなと思ってまっせ。

フィリピンのセブ島に英語留学しようと思ったきっかけ。

私は、大学を卒業して就職を翌月に控えた3月にフィリピンのセブの英語学校への英語留学を決めました。

大学も卒業していて、バイトも辞めていたので後一ヶ月無駄に過ごすのが嫌だったという思いが強かったです。

就職したら1ヶ月まとまった休みを取れることなんて無いので、特に海外へなんらかの形で行きたいなと思っていました。

せっかくなら英語の勉強も兼ねて海外へ行く方法を探していたらフィリピンの英語学校は他の国と比べても安く行けるということがわかり渡航を決めました。

フィリピンに英語留学するメリットは?

実際に英語学校に行ってみて感じたことは

  1. 費用が圧倒的に安い
  2. マンツーマンレッスンが可能

です。

費用は他のどの国と比較しても安く収まります。

セブはマンツーマンレッスンをするところが多いですが、先進国での英語留学ではそうはいかないと思います。日本の駅前留学も同様だと思います。

マンツーマンだと圧倒的に喋る量が多いので英語力の向上に直結します。

セブ島(フィリピン)英語留学にかかった費用

私が留学したセブの英語学校は Firstwellness English Academy (ファーストウェルネスイングリッシュ・アカデミー) というところです。

現在(2017/03/26時点)の料金は下記になっているようです。私が留学した際も同じくらいの値段だっと思います。

②語学学習費用(FEA セブシティ校)
期間 1週間 2週間 3週間 4週間 8週間
1人部屋 82,000円 142,000円 199,000円 246,000円 484,000円
2人部屋 70,000円 129,000円 179,000円 216,000円 424,000円
3人部屋 65,000円 119,000円 166,000円 196,000円 392,000円

上記の費用には宿泊代と朝食代も含まれています。

なのでこの費用に加えて、往復の飛行機代と朝食以外の食事の費用が最低でも必要です。

私は飛行機はLCCを活用して往復5万円ぐらいで行きました。
当時はセブへのLCCの直行便はなかったので、韓国や香港を経由しました。

今ではセブへのLCCの直行便が成田空港からエアアジアやセブパシフィック航空でから出ているので今より安く行ける可能性が高いです。

食事は朝食はホテルのものがついていたのでそれを食べていました。昼食は有料でしたがホテル内のレストランで数百円で食べることができます。
それ以外の食事は日本と比較して7~5割ぐらいの値段で食べられると思えばだいたい問題ないです。

食事の味も日本人には割りと合うと思います。
日本食のレストランも結構あります。

そんな感じで私は3週間でトータル30万円ぐらいかかったと思います。
ただこの値段は、セブにしては少し高いです。
Firstwellness English Academy (ファーストウェルネスイングリッシュ・アカデミー) は日本人が経営している英語学校なので少し高いです。
セブは韓国資本の英語学校が多いのでそちらだともう少し安くなると思います。

私は、日本人経営の安心感と安物買いの銭失いになるのが嫌だったので、それなりに高いところを選びました。

ただ、この値段でもアメリカやオーストラリアと比較すると破格級に安いですね。

留学する前の英語力は?

TOEICの得点でいうと600点ぐらいでした。

ただし、日本人にありがちな中高での英語の勉強と大学受験の英語の勉強をやっていただけなので、しゃべれるという感覚はまったくありませんでした。

フィリピン人の教師の質は?

フィリピンでは英語が公用語になっているので、英語力的には全く問題ないです。
フィリピン人は小学校から大学までの授業はすべて英語で行われてるので。

一般的にフィリピン人の英語の発音はアメリカの英語の発音に近いと言われています。

アメリカの植民地だった歴史的な背景もあるかもしれません。

そして、教師としての質ははっきりいって運によるところが多いかもしれません。

私の場合は、下ネタを話す先生や宗教的な話をしてきたりする人はいましたが、逆にそれがフランクにしゃべれてよかったです。その点は好みの問題になってくると思います。

とりあえず、ひとつの英語学校に先生はたくさんいるので、
教師を雇う上でちゃんとした評価制度が整っている英語学校や先生を変更できる英語学校にすれば良いです。
値段が安いからといって安易に選んで貴重な時間を無駄にしないようにしてください。

セブ島(フィリピンの)の英語学校の施設の質は?

私は、Firstwellness English Academy (ファーストウェルネスイングリッシュ・アカデミー) のセブシティ校に留学したのでそこの施設の話になりますが、

フィリピンの英語留学は基本的にホテルに教室がついていてそのホテルにとまるという形が主流です。
Firstwellness English Academy (ファーストウェルネスイングリッシュ・アカデミー) もそのタイプで、ホテルの質としてはまぁよっぽどの潔癖症でなければ普通に耐えられると言った感じです。

WiFiがたまに繋がんなくなったり、洗濯物を預けたらなくなって返ってきたりとかは、まぁまぁあるあるだとお思います。

普通に旅行者として泊まると一泊1000円から2000円ぐらいの安宿だと思います。
あ、ちなみにそこは普通のお客さんも泊まっていました。

場所で悩んだら絶対周辺に店が多い都市部にしたほうが良いです。

よっぽどの海好きならマクタン島のビーチ沿いという選択肢もありますが、まわりに何もないので特に長期間だと生活が相当不便になります。

行ってみてわかったセブ島(フィリピン)の魅力

飯が安くてうまい

ビールが100円以内で、味もうまい!

セブで有名なサンミゲルビール。

최진영さん(@jin0____0)がシェアした投稿

 

先生がフレンドリーで楽しい

フィリピン人はとてもフレンドリーです。退屈することは無いでしょう。

 

週末はビーチアクティビティができる!

セブ島にはきれいなビーチがあります。

私は、週末の休みを利用してダイビングのライセンスを取得しました。

海はめっちゃ綺麗でした。(当時の写真を探すのは面倒だったので、instagramで探しました。)

 

セブのデメリット

ネット環境が不安定

不満はこれぐらいですかね。たまに繋がんなくなったり遅かったりするので、常時ネットが使えないと耐えられない人は少し厳しいかもしれないです。

セブ島(フィリピン)の英語留学のその後の話。

TOEICとかはその後受けてないので点数が伸びたかはわからないですが、英語を話して伝える力は確実に上がったと思っています。

その後、海外旅行にいっても臆することが英語が使えています。

でもやっぱり3週間だけではなくて継続が大事です。私のまわりでは英語留学のあとはオンライン英会話で継続的に英語学習を行う人が多かったです。

これから留学する人におすすめの英語学校

とりあえず以下の2つのページを参考にしてみてください。

-英語
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした